人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

HoI日記03:終戦

01 / 02

工場作ったり空母作ったり開発に勤しんだりと国力を蓄え、アメリカと不可侵条約を締結しアジアに余計な口をはさまれないようにし、そうしてる間に1年半は過ぎてゆきました。その間ヨーロッパ戦線ではパリ陥落、ヴィシーフランスが成立したことにより日本は仏領インドシナをゲット(ゲーム的には「進駐」レベルではなく「併合」)。枢軸入りしてないんだけどなー、まあくれるものはもらっておこう。中国と違い東南アジアは資源の宝庫なので、日本にとってはすごく大きいのです。あとはハノイに一大都市を建設すればなんかもう大東亜共栄圏とかなくてもこれで充分な気が

といってもそれではゲーム的にすることがなくなってしまうので、和平協定が切れたその日、即座に中国共産党に宣戦布告。共産党の牙城である延安(とその周辺)には要塞がそびえており、実は第1次日中戦争の際に潰しにかかって潰しきれず。3倍の兵で殴りこんだんだけどなぁ。攻め入ってくる様子はなかったからまあいいかと放置してあったのです。なので今度は延安を守る旧式7個師団に対して陸軍新式40個師団+空軍3個師団による絨毯爆撃にて挑むことに。おおっ勝った! 爆撃だけではその土地を占領することは当然ながらできず、また普通の爆撃は要塞都市に対してほとんど効果を示さないのですが、指揮系統を寸断する「阻止攻撃」は引きこもり軍に対して非常に効果的でした。
そして中国赤軍を完全に排除しようというまさにその瞬間

「中国(国民党)が中国(共産党)に宣戦を布告しました」

この泥棒猫がぁぁぁぁぁ
お前ら潰す潰す潰すー

ほどなくして終わった共産党との戦いが終わると、きびすを返して国民党に宣戦布告。02の画像をみていただければわかりますとおり、南京の北には日本領の出っ張りがあります。普通こういうのは弱点になりえる地形なのですが、台湾より南京の南の海岸へ急襲上陸しつつここを利用して南京~上海を包囲、次々海に追い落としていきます。(このゲームでは逃げ場を失うような形に包囲しないといつまでも部隊を殲滅させることができません)

そして半年後の図
b0076543_2404938.gif
包囲している都市はこのときの首都である重慶とあとどこか。もう大和民族による中国統一は目前! 汪兆銘政権建てたら次はオーストラリアだぜーというこのスクリーンショットを撮ったその2ヵ月後、残された土地である砂漠と山岳地帯に攻めあぐねているうち、その報せはやってきました。

「アメリカがイギリス、フランス、オーストラリア、ニュージーランド(以下略)と軍事同盟を締結しました」
「アメリカ、フィリピン、リベリアがドイツ、スロヴァキア、イタリア(略)へ宣戦を布告しました」

ぎゃあああああああああ

これがどういうことなのかというと、アメリカを敵に回したくない今回のプレイでは英領インドにも英連邦ニュージーランド・オーストラリアにも侵攻できなくなってしまったのです。要するに手詰まり。
仕方がないので、中国に日本の傀儡政権を樹立したあと、別に何の罪もないシャム(タイ)に唐突に喧嘩を売って属国化、インドシナはもとある持ち主に返すのが筋だろうとラオス・ベトナム・カンボジアを独立させました(でも属国)。
今はこんな感じです。
b0076543_2582730.gif
この先に残された道は
・ インドを避けてアフガン→ペルシア→イラク→トルコへ侵攻
・ ソ連へ喧嘩を売る
・ その両方
の3択となってしまいました。なおヨーロッパ戦線は1943年現在未だにソ連が参戦していないため膠着。参戦しないならなんでバルト三国併合してるんだよぅ。またドイツもモスクワを目指そうとしている気配はありません。もしかしたらイギリスとドイツが海上でバチバチやってるのかもしれないんですけど、日本としては蚊帳の外だなぁ… 実はドイツとの関係は保ちつづけているので、ロンドンが陥落するようなことがあったら枢軸入りを考えてみようかしらん。
現実的には、上記のとおり参戦していないためやりづらいんですが、今のところウラジオストックからのソ連侵攻を考えています。それだってヨーロッパ戦線が動かないと難しいんですけどねー
by thomase | 2007-10-28 03:13 | そのたげーむ

この国の終わりの始まり

どこから湧いてきてるのかはわからないんですけど、義務感に駆られてこんな時間に更新してみます。勢いで書いているので拙文ご容赦ください。ていうかマリオカートやってると眠れなくなる。

8月の新設住宅着工、43.3%減――過去最大の下落率

なおこのニュースは「8月の新設住宅着工数」ということで9月末に発表されたものなのだそうですが今知りました。今月末に発表される「9月」はより落ち込むことが予想されています。このニュースでは「住宅」に限っていて、現在実際に住宅関連ならびに住宅ローンを取り扱う金融業が軒並み株価を下げていますが、実は、2007年10月現在、木造2階建て以外の建築物がほとんど着工できずにいるという事態に陥っています。実は住宅や不動産よりゼネコンのほうがヤバいのかしらん、ゼネコンなんて仕手以外に上がることはないかもしれないけど。

> 制度改正では(1)慣例だった申請後の修正を認めず、再申請を求める(2)マンションなど大型建築物の構造計算書を二重チェックする――など建築確認を強化した。

これは例えば、「今建ててる家の内装をやっぱりこうしたいんだけど」「再申請するので金ください」「無理っす」に留まらず、「今作ってる工場のラインでやっぱり新製品作りたいんだけど」「無理っす」、「この倉庫に冷蔵庫置くスペースもう1箇所取りたいんだけど」「無理っす」となるのです。
つまりどういうことなのかというと
工場建てられない → 工業\(^o^)/
倉庫建てられない → 商業\(^o^)/
商工業がかたむく → 農業\(^o^)/
つまり、日本のあらゆる産業が終了しかねない事態であると思うのです。この事態を引き起こしたのは、申し上げたとおり、改正建築基準法がちょっと洒落にならないものであったからなのです。このままでは後に「国交省不況」「国交省恐慌」と呼ばれるものが、そう遠くない未来にやってきます。既に潰れている不動産業者なども出始めているようで、おそらくは10月-12月GDP値が発表されるころに問題が庶民レベルで顕在化すると思いますが、それからでは来年度にはめくるめくスタグフレーションの世界へようこそであり、手遅れなのです。もう残された手段は、改正法の訂正修正程度ではなく、一度国会による当法リセット、差し戻し審議をするしかないような情勢です。どこにお願いしたらいいですかね、産業といえば共産党ということになるのでしょうか?でも発言力が…建築業界との繋がりで行けば素直に自民党でと言いたい所ではありますが、そうなると公明枠冬柴大臣の責任追及もしなければいけないということになるわけで、うーん。でも、素で党派とか関係なく問題を提起して欲しい。

以上、このスレに浮かされて書いてみました。スレ内では「国交省に抗議のメールを送ろう!」とかいう書き込みがありますが、今回の遷移を見る限り今更国交省なんざあてにならない。一応このブログも2桁3桁/dayの方に見ていただいてるようなので(日頃はありがとうございます)(まあスロット絡みで検索で飛んでくる人も多いしその方がこのエントリを見る可能性は少ないと思いますが)、特にサイト・ブログ持ちの方には周知をお願いしたく存じます。持ってなければ口コミでも。繰り返しますが、これは全国民に波及する虞のある事態なのです。
まあ実は他人の心配してるどころじゃなくて、えーと唐突にカミングアウト致しますと現在のとーます(27)の貯金は20万円を割り込んだところでございましてむしろ俺\(^o^)/ とりあえず現金貯めようと思います… (本当にスタグフレーションとなると円が紙切れになるわけですが)
by thomase | 2007-10-27 06:43 | らくがき

記念撮影

b0076543_413867.gif

1stはにっくき友人が出した記録で、2nd以降が自分の。なんか当分1stを更新出来そうにはありませんが、これはなんだ、ナンバーズでも買えと仰りますか。100万当たったら、そうですねー、ダスキン呼びます(家中大荒れ)
by thomase | 2007-10-27 04:04 | そのたげーむ

スポーツ徒然

まずは野球から

福留の恒例行事
> 「最初の言葉を大事にしたい。駆け引きはしたくない。最初を最大限(の条件)と考える」
(・∀・)
1年前の今頃冗談で「あいつはしれっと巨人に行くと思いますよ」とか言ってたんですけどほんとにそうなろうとは、まあ思ってなくはなかったのか。メジャーとか言ってるのはおそらく駆け引きであり、100万ドル程度じゃ行かないだろうし、300万ドル出すほどに注目されているのかも疑問です、と思ってます。ドラゴンズファンの皆様におかれましてはもう諦めて通年3番ノリさん5番谷繁の覚悟を決めておいたほうがいいと思います。大丈夫だよなんとかなるさ、岩瀬さえ繋ぎ止められれば(それさえ危ういけど)。

広島の恒例行事
シーツ先生を解雇して新井さんを獲って、今岡はどうするんでしょう、セカンドにでも戻すの? それとも実質構想外? 個人的には新井さんが甲子園で30本越えるのは難しいと思うのですが。自分は金本をファーストにコンバートしてあげたほうがいいと思います、もし浜中をコンバートしないならあるいはリリースするならという条件付きになりますが。しかしシーツ先生解雇はもったいないような気が…今の年俸が2億いくらでしたっけ、それは高すぎるにしても元々カープには1億ちょいで雇われていたわけだし、ダウン提示も受け入れてもらえたと思うんだけどなぁ。そして「新井が出てしまうなら」と先行き不透明な黒田の行く末(メジャーに行くなら応援します)、カープはこの先生きのこれるか。

以下野球以外の話題

というかこれはスポーツニュースなのか
ボクシングは門外漢なんですが、亀田兄弟の実力は「将来有望な10回戦ボクサー」くらいであったのでしょうか、指導者が変わればもっと強くなれるとも思います。首を振って攻撃をかわすところとか見たことないから、まともなディフェンスを覚えれば12ラウンドだってまともに戦えたんじゃないだろうか。その有望なボクサーを使い捨てたTBSは万死に値する、そして毎日はどのツラ下げてこの記事配信してるんだ。あーいや自分は件の試合テレビで見ててなんというか呆けてましたけど。あんな持ち上げ方をしてあんな人を舐めた態度を容認してきたマスコミがいたから増長したんだろう、( ゜д゜)な第12ラウンドはその帰結であったんだろう、というのが個人的な意見です。

<F1>FIA、2008年から10年間のエンジン凍結を決定
F1に関してはボクシング以上の門外漢なわけですが、別に日本のオートレースみたいに同一のエンジンでレーサーの腕だけを競わせるわけではなく、要するに「現在優秀なエンジンが10年後優秀なエンジン」ってことですよね、これがとんでもない話であることぐらいはわかります。もはや自動車メーカーの力を披露する場としてのF1は死んだということであって、さすれば複数のチームが離脱してしまうのではないだろうか。
by thomase | 2007-10-26 04:56 | すぽーつ

HoI日記02:泥沼泥縄

01 / 「Heaers of Iron」についてのwikipedia

我らが大日本帝国はまずは中国に殴りこんだのです。もうこれは仕方のないことなのです、だってゲーム開始時点でもうにらめっこしてるんだもん。しかしですね、戦争をするには普通契機ないしは言いがかりがあるものなのです、このゲームでも1年待てば盧溝橋事件が発生するんです、1936年中にいきなり宣戦布告は無茶でした。いやぁとりあえず戦闘をしてみたくて…
そんな感じで始めた戦争なものですから、国内でも軍備なんざなっちゃいないし戦闘のコツもわかっちゃいないしおまけに「いろいろやってみたい精神」から普通はまず産業や戦術を研究する「開発」のラインで原子力の研究してるし、結局南京占領までに3年。占領してしまうと「南京大虐殺」イベントが発生してしまう(ことは知っていた)ため包囲した状態で迷ってたんですが、あまりにわらわら兵が涌いてくるため業を煮やしてつい…そのイベントがもたらす効果は「対外関係の若干の悪化」程度だったのでまあいいかと… いいんですよ今回はアメリカと仲良くできれば!

で、その半年後、こうなりました。
b0076543_4474845.gif
:最大攻勢線
:休戦後の日本領
:中国(国民党)領
:中国(共産党)領
そのほか、の蒙古国、の満州国は日本の属国です。また、国民党領のうち暗くなっているところは「日本から見えない部分」です。

最初はあれだけ戦争したかったのに、自分の中に厭戦ムードが…疲れてしまったのと、産業で後れを取るのがいやで、とりあえず青島・北京(ゲーム内ではベイピン/北平)の割譲で手を打つことにしました。そういえばこのゲーム、ほかは重慶=チョンチンと中国語読み(地名はすべてラテン文字というか英語とカタカナで振られてます)なのに南京だけナンキンだな、カナ当てるとナンジンですよね? このゲームは実はほとんどのデータを任意に書き換えることができるので(やりたければ俺TUEEEEEEプレイもお気に召すまま)、可能なら全部漢字に書き換えてしまってもいいんですけどそこまでわかんないですもん… チョンチンの隣にナンチョンがあってナンチョンの隣にナンチョンがあって(片方はたぶん南重)、そもそも重慶がどこなのか遷都するまでわかんなかった。ていうか中国には前述の通り軍閥がいっぱいあるんですけど「ユンナン」とか「シーベイサンマ」とか最初なんのことかわかんなかった。正解は「雲南(の軍閥)」と「西北三馬(馬家軍)」だそうで。
参考:現在の中国地図…簡字体ですみません。吉林省あたりは戦前から日本が押さえているところ、南京は上海のすぐそこ(ゲーム的には隣の隣)、海南島は取りましたが重慶は取ってません。

さて、和平協定の有効期限は1年半。陸空のある程度の使い方はわかってきましたので、それまでの時間ですでに立ち遅れてしまった生産・軍備部門を強化したいと思います。
by thomase | 2007-10-24 05:26 | そのたげーむ

そいえばCS展望とか立ててなかった

個人的な話で恐縮なんですが、中田の球好きなんですよー。8回に小笠原から空振り三振を奪ったあのストレート、身震いがしました。
やっぱり野球は投手と守備だよねーと思い知らされたCSでございました。パはやはり投手力に勝る3チームが上に来て、そういう意味ではどこが勝ち上がっても不思議ではなかったと思います。セは、タイガースはともかくジャイアンツもドラゴンズも先発要員は3人以上揃ってて、セは初戦の小笠原をまるで想定していなかった&2戦目の木佐貫がばれてたというところで決まってしまった感もなくもないですが、でもあれですね、落合さんが一番不平を唱えていたポストシーズンゲームで勝ち上がってしまうのだからさすが抜け目がない。そこで我がライオンズに目を向けてみますと涌井・岸・西口という同タイプの3人ですからね、諜報戦にはなりようもない。なにが言いたいかというと、中里は私好みのストレートを投げるそうなのでライオンズにください。大沼ならいつでもあげるよー
ていうかライオンズは投手より野手の守備なんですけどね。実はファンの間からは中島コンバートが熱望されているらしいのですが、でもサードはゴロゴロいるしショートはナカジのほかにいないしなぁ、ていうかあれですか、ナベQ監督とデブ打撃コーチ(なんと1人体制らしいですよ!\(^o^)/)ときたらこれは西武鉄道の焦土作戦なのか。いやどっちかというと売りたがってるようにも見えますけど。

何の話してたんだっけ(とーます先生はデブ打撃コーチ就任の事実をまだ受け止められていません)
by thomase | 2007-10-21 03:27 | やきゅう

HoI日記01:小東亜共栄圏

故あって、て故なんてひとつしかありませんが、スロットをしばらく自粛することにしましたので、今月最後の贅沢として前々から興味のあった「Hearts of Iron」というPCゲームを購入してみました。正確には「HEARTS OF IRON II DOOMSDAY」。第二次世界大戦を舞台にしたウォーゲームです。いつまで続くかはわかりませんが、プレイ日記を書いてみます。

このゲームの特色は、WW2の主役である国に限らず当時存在していた国のすべてをプレイヤーとして運営できることにあります。一応「1936年~1953年までの間にもっとも多くのプロヴィンス(地域)を獲得している」ことが当ゲームの勝利条件となるのですが、イタリアに蹂躙されていることがほぼ確定しているアルバニア、ゲーム開始時すでにイタリアと交戦中のエチオピア、地理的ににっちもさっちもいかないポーランド・ベルギーなどを使い「1953年まで生き残る」ことを目標に楽しむこともできます。ただなにぶんこの手のゲームは初めてなので(戦記物もひっくるめて三国志ぐらいしかやったことない)、まずは慣れるべく日本を選択してみることにしました。

まず、日本の運営にあたって。

● 日本は海軍力はイギリスとタメ張れるぐらいの充実ぶり
過大評価といってもいいぐらい。ただし陸空はややしんどいです。また、資源特に石油の確保に苦労させられます。船を出さなければどうにもならない日本にとって、石油の確保は重要課題といえます。

● 1936年ということで、朝鮮半島は併合済み満州国も建設済みさらには台湾や大連あたりも日本領
というかこれを抜きにして中国国民党とやりあうにはきつすぎる。
満州国建国直後ということで、睨み合った状態からはじまります。
あと南太平洋諸島も押さえてますが、アメリカ様を刺激するのはイヤなので漸次撤退させる予定。

そこで目下の国家運営方針

● アメリカソ連とは絶対に喧嘩しない
アメリカはすでに反則とすら言える海軍が充実しています。1936年時点では米陸軍は整備されていないに等しいので、実はゲーム開始直後宣戦布告、アメリカ本土を乗っ取ることも可能であるとされています。でも今回は表題にあるとおり、「小東亜共栄圏」の構築を目指します。アメリカソ連相手の消耗戦なんて勝てるわけがないのです。
ソ連は、最低でもドイツ東部戦線が勝手に始まるまでは我慢。それまではなんとか満州に持ちこたえていただきましょう。

● ゆえにドイツとも組まない
組まなかったからといってアメリカに宣戦布告を受けないとは限らないらしいのですが、せめてものリスク軽減。

● 小東亜共栄圏の構築を目指す
とりあえずインパール作戦などという自殺行為はしません。ただ可能であればオーストラリアには行くつもり。そうするとイギリスとの戦争は免れられないのかなぁ、そうなったらインド行きもありえます。

--

そして現状報告

ゲーム開始直後に中国にはびこる軍閥に宣戦布告。中国には「中国統一戦線」というものが存在するらしく、なし崩し的に国民党・中国共産党を相手にすることになってしまいました。しかし日本における未整備の陸軍が響き、現在2年かけてようやく青島を制覇。南京侵攻はいつの日になることやら…
あと、初プレイにして日本を使用してしまったことにちょっと後悔しております。戦闘システムすら把握していないのに、陸海空のすべてを操っていかなければならないんだから。
正直、1年目は国内インフラや工場建設、戦力の充実に精を出すべきであったと反省しております。石油は、今のところ仲良しこよしのアメリカとの貿易によって得ております。理想としては連合にも枢軸にも無論共産にも属さない「第4勢力」の構築を目指していきたいです。

それでは、もし続きがあればまた近いうち。そういえば三国志日記もほったらかしだもんなぁ
by thomase | 2007-10-14 03:28 | そのたげーむ

江戸川を挟んであっちとこっち

千葉のほうではCS第2ステージ進出を決めてさぞかしお慶びのこととお察しいたします。5回までは成瀬よりスタンドリッジのほうがいいように見えたんですけど、西岡へのフォアで決まっちゃいましたね、ところでこちら埼玉は所沢、お通夜です。


>西武・渡辺久監督、誕生へ
( ´ー`)

> 打撃コーチは大久保氏に要請
( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

> 球団ではOBを中心に首脳陣の組閣も(中略)一軍打撃コーチに大久保博元氏(中略)を招へい
(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

> 「新しいチームにふさわしい人です。来年は日本一になれると思いますよ」
  _, ._
(;゚ Д゚)

…一瞬西武ファンやめることも考えた。デーブっていうのはこういう人マリンブルーの風様)なんですよ。だいたいあの人自分が西武にいたことを封印しつづけてるじゃないですか、だからもちろん断るんですよね? 頼む断ってくれ。
コーチはまだやったことないから能力的にどうなのかはわかりませんがそんなことは問題じゃないんです、下を見下して上に媚びへつらうあの性格が受け付けないんです、嗚呼、栗山監督荒木コーチ(-人-)ナムナムなどと思ってたら我が身に3倍返し…
by thomase | 2007-10-11 14:17 | やきゅう

さあ24が荒れてまいりましたよ

シーズン4の原発といいシーズン5のCTUといいどんだけシステムザルなんだよ…
by thomase | 2007-10-06 02:42 | らくがき

ハンゲ麻雀にイチャモン付けてる人が多い件

ハンゲームのアカウント持ってるともれなくブログがついてくるのでほんとはそっちで書きたいんですけどね、特攻喰らうのが怖くて… なおそちらでのブログは開設したはしたけど一文字も書いてません。

● システムが配牌を操作している?

でもなー
突き抜ける人が突き抜け続ける(どっちの意味でも)
配牌時2シャンテンからテンパれない
絶好の平和手から重なる重なる
意味のわかんない明槓から嶺上開花
実際麻雀ってそんなもんじゃね? と思うのですよ。
現実ではなかなかお目にかかれないようなミラクルヅモも私も何度か経験してますけど(こんなのとか)、回数打てばそんなことも少しはあるんじゃないかなぁ。ここまで570戦打って(たぶん東風:半荘=3:1ぐらい)役満上がったのが3回、振り込んだのが1回(他家の包があったので折半)。
突き抜ける人が突き抜け続けるなんてリアルでもよくあることで、なんとか耐えて耐えてそいつからロンを一度かませばそこから大きく流れが変わる、とか。理詰めで行きたい人は「流れ」とか言いたくないのかもしれないですけど、やっぱり麻雀に流れは付き物ですよ。自分は七対子を作ればもうちょっと勝率上がるんじゃないかなーと思います。だってーあれ1シャンテンからが長いんだもーん嫌いなんだもーん

● ルールが合わない

これも言う人が多いんですけど、それはわがままだ。私はリアルではほとんどナシナシでしか打ったことがないので、アリアリ特有の鳴きの多さには苦労しています。ナシナシだとリーチ麻雀の手癖がついちゃうような気がします。最近は思ったように打てることも多くなってきたけど、フーロ率だいぶ上がっちゃったなぁ…(21%。平均値は35~40%ぐらい?)
でも未だに子だったらトップ走ってても役牌対子落として平和作るけどねー。そんなもんルール云々じゃなくて自分の好きにしたらいいんですよ。それでポイントが下がったとして、たかがゲームじゃないか。
あと「形式テンパイ親流れ」って一般的なんですか? 自分は流れないルールでやってたのでそこにはあまり違和感は覚えないんですが…あの振り込みに怯えながら形式作るスリル、自分は好きなんですよ。あとオーラスは誰かがアガるまで終わらないという謎ルールでした。オーラスで自分が親で二飜縛り(5本場でリャンシ)とか泣けてくる。

まあもう少し細かくルールが設定できればいいなぁとは思います。今は得点絡みと喰いタン・後付けのオンオフぐらいですからねー。
by thomase | 2007-10-04 07:51 | そのたげーむ